ビルド鍼灸院 ホーム ▶ よくあるご質問

よくあるご質問

Q.鍼(はり)は痛くないですか?
A.鍼は0.14oから0.20o程度の太さのものを使用しています。先端も特殊な加工がしてあり弾力性もあるため、刺入時の痛みはほとんど痛みを感じることはありません。
お子さんや抵抗感がある方には刺さない鍼もありますのでご安心ください。さらに手技での施術もありますので、安心して施術を受けていただくことができます。
Q.鍼(はり)や灸(きゅう)はどんな症状に効果がありますか?
A.WHO(世界保健機構)では、次に掲げる疾患に鍼灸治療が適応であることを認られています。多種多様な症状に効果があると言われています。
 
神経系 神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神 経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頸肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・各種スポーツ障害等
循環器系 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・ 胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・口内炎等
内分秘代謝系 パセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
泌尿器系 腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ・つわり・血の道・不妊症等
耳鼻咽喉科系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
皮膚科系 蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等
アレルギー 気管支喘息・アレルギー性鼻炎・眼炎等

当てはまる症状、疾患がある場合は一度ご相談ください。
Q.お灸は熱くないですか?
A.「やいとをすえる」という昔ながらの子供にお仕置きをするイメージが強いですが、お灸には身体の免疫力を上げることで回復力を向上する働きがあります。実際にしていただく、お灸はやんわりと熱を感じ、とても気持ち良く火傷の心配もありません。
Q.鍼は使い捨てですか?
A.鍼は全てディスポーザブル(使い捨て鍼)を使用しています。ステンレス製の鍼で、予め滅菌消毒されており安心して治療を受けていただくことができます。パッケージされていて、使用する際に出しますので、感染の心配はありません。
Q.副作用がありますか?
A.鍼、灸を受けると、自然治癒力に働きかけるため、身体の代謝機能が活発になり運動した後と同じようなダルさや体が重い状態になる場合があります、これを「好転反応」といいますが、その後回復し、症状を和らげるように働きかけます。一時的なものですのでご安心ください。
Q.妊娠中でも治療を受けられますか?
A.つわりや腰痛など、妊娠中の不調にも鍼灸治療は非常に有効です。逆子のご相談なども受けつけております。
Q.服装はどのようなものが良いですか?
A.背中が開くようになっている上着とハーフパンツのお着替えをご用意しておりますので、はり・きゅうをご希望の方、整体をご希望の方は安心してお越しください。ご用意していただけるなら、上のお着替えはTシャツ、下のお着替えは膝まで空いているものであれば、ご自身で持参していただいても構いません。